嫁が何を言っているかわからない件

結婚したら妻がクズで、私は鬱病になりました。



広告

 

兼業主婦の鑑!?①

※↓前回の記事

専業主婦の鑑!?①

専業主婦の鑑!?②

 

さて、結婚して11ヶ月が過ぎ。。。

私が「転勤」となりました。

 

新しい職場に勤め始めて1週間ばかし過ぎたころ、嫁さんがこんなことを言ってきました。

 

「私、やっぱり働きたいです」

 

どうぞどうぞ。

ようやくその気になったかよ。

実家を離れ、友達とも離れ、、、今の生活は手持無沙汰だものね。

是非是非働いてくださいな。

「働く」という決意表明をした嫁に、このとき私はこんな提案をした。

「これまで、君が専業主婦だということに甘えて、

 家事をほぼすべて君に任せきりにしていた。

 でもこれからは、お互いに働くことになるわけだから、

 今後は家事も分担することにしよう。

 俺は何をすればいいかな?」

 

そんな私の提案に対して、彼女はこのように答えた。

「私は、自分のわがままで

 働くことにしたの。

 そんな私のわがままのために

 今後あなたに家事を手伝わせる

 なんてできるはずがない」

 

広告

 

 

なんとも 献身的なお志(こころざし)である。

素晴らしい。

兼業主婦の鑑といえよう。

(どっかで聞いたことあるフレーズ)

 

ま、それはそれ。

働きながら家事を一手に引き受けるなんて、つらいに決まっている。

と言っても、私の方が仕事時間が長く、帰りが遅くなるのは明白なのだが、それでもせめて「洗濯物をたたむ」とか、「晩飯の皿洗いをする」とか、少しくらいはやらねばならんだろう。

「今の言葉を聞けただけで俺は充分満足だからさ。

 悪いことは言わないから俺にも家事を割り振りなって」

 

「うるさいなぁ!

 私が『ひとりで全部やる』って

 言ってるんだから

 ほっといてよ!!」

 

「えっ?いや、君のために良かれとおもって言ってるんだけど?」

 

「しつこい!!(怒)」

 

なんか知らんがすごい剣幕で怒りだした。

まあ、本人がいいならいいんだけどさ。

 

「あっそう。

 なら俺ほんとに何にも家事しねぇからな!!」

 

売り言葉に買い言葉。

当時の俺も若かったので、器量が小さい。

 

なんかよくわからん喧嘩になってその日を終えた。

・・・私なんで怒られたの?

 

とにかく、めちゃめちゃ私に有利な条件が我が家に制定された。

文句のあろうはずもない。 

 

↓もちろん、つづく。この程度のオチで終わったりなんかするもんか!

low.yaguchimemo.xyz